着物を売るならここが一番!着物が高く売れる買取店の情報を集めてみました。納得する高価買取。

着物のシミ抜き方法

チェックシート

着物を長く愛用していると、ハプニングなどによって汚れがついてしまうことも多々あります。すぐに拭き取って取れる汚れであれば良いですが、場合によってはシミになってしまうケースも少なくありません。そんなとき、着物の染み抜きを自分でやるべきかプロに依頼するべきか悩む人もいるでしょう。

このページでは、着物の染み抜きについて詳しくご紹介します。

着物にシミがついたときの対処

調味料や何かのインクなど、着物に付着してシミになってしまう汚れはいくつかあります。やり方次第では自分で染み抜きができる汚れもありますが、プロに依頼しなければどうにもならないシミも少なくありません。汚れのタイプをしっかりと把握しておき、自宅では対処できない汚れに関してはできる限り早くプロに染み抜きを依頼するようにしましょう。

◆シミの原因と種類
日常生活において、着物につくシミの原因となるのは以下のようなものです。

マジックのインク
醤油やコーヒーなど
汗などの汚れ
口紅
泥など

上記の中で、マジックのインクに関しては自宅で対処できるタイプのシミではないので、早急に染み抜き専門店へ連絡しましょう。醤油やコーヒーなどの飲食物が付着した場合は、アルコールやベンジンを脱脂綿に染み込ませて押し当てることで落とせる可能性があります。ただし、これも汚れの程度にもよるので、自宅での対処が難しいと判断した場合は、出来る限り早く着物のシミ抜き専門の業者に依頼した方が良いでしょう。

基本的にシミは、処置するのが早ければ早いほど落としやすくなります。逆に時間が経って蒸発してしまうと、シミの元となる成分が着物に染み込んでしまうため、落とすのが難しくなるのです。

シミ抜きを依頼したときの費用

プロに着物の染み抜きを依頼すると、多少の費用が発生します。染み抜きに係る具体的な料金は、シミの状態や種類汚れが付いてから経過した時間などによってさまざまです。とくに着物は取り扱いが難しい素材として分類されるため、一般幅よりもやや割高の料金になる可能性があります。

比較的簡単なシミであれば、2000円前後から対応してもらえますが、難易度が高い汚れは、染色からやり直すことになるケースも珍しくありません。染色まで行うと、1万円から2万円などある程度の費用が必要になるでしょう。そうならないためにも、汚れが落ちやすい早期の段階でプロに相談することをおすすめします。

着物高価買取|口コミ評判・ランキング!| TOPへもどる↑