着物を売るならここが一番!着物が高く売れる買取店の情報を集めてみました。納得する高価買取。

着物買取の相場

電卓とお金

自宅に眠っている着物買取に出したら、どれぐらいの金額で売れるのかは、とても気になるポイントです。着物には様々な種類やグレードがあるため、市立した買取相場などは存在しません。帯や本体の素材はもちろん、作家が国宝級の人なのか、あるいはメーカーの大量生産品なのかなどによっても、大きく違ってくるからです。

着物の買取相場価格

具体的に、作家など着物の生産元によってどれぐらいの差額があるのかについてご紹介します。例えば大量生産品の着物が1着数万円だとすれば、国宝級の作家が作った着物は1着で数十万円から100万円以上になるケースも少なくありません。

また、作家や生産本以外にも着物本体の状態や劣化具合、証紙の有無などによっても買取価格は変動するのです。より高名な作家の品で、証紙や帯など必要な証明書類も完璧に揃っているものほど査定金額が高くなると考えていいでしょう。

手持ちの着物がどのように入手されたかわからない場合でも、着物買取専門店に相談すれば、専門のスタッフが作家をはじめとした査定に必要な情報をしっかりとチェックしてくれます。ご家族の遺品や昔にコレクションした着物などであれば、著名作家が手がけた品が数多く眠っているかもしれません。

着物は古いデザインだから安くなるというような品物ではないので、昔購入した着物でも高額な買取額がつけられる可能性は十分にあります。むしろ、今では手に入らない作家の着物なども存在するため、新しい着物よりも掘り出し物として判断される確率も高いといえるでしょう。

複数の着物を売ると査定額アップ

もちろん、一般メーカーが手がけた大量生産の着物が買取対象にならないわけではありません。量産された着物であっても、今となっては価値が高騰している可能性もあります。また作家品・量産品にかかわらず、複数の着物を大量に買取してもらう場合は、査定額が本来よりも高く見積もられることが多いです。

その理由として、着物買取店は買い取った着物を再販することで運営されています。そのため、一度に多くの着物を売ってもらえる場合は、多少高めに買い取ったとしても利益を残すことができるのです。

もし手元に不要な着物が複数あるのであれば、買取査定はまとめて出すことをおすすめします。着物の買取査定はほとんどの業者が無料で行っているので、手元に不要な着物があるようなら、まずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

着物高価買取|口コミ評判・ランキング!| TOPへもどる↑